2020.05に読んだ本。

リングフィットのパラシュートのゲームがまったくクリアできず腕が上がらなくなる。体を動かすことは苦ではないが、ゲーム脳というか、あの画面を認識する能力が生まれたての子並なので、コツを掴む前に体力が切れた。
よって今日は下書きに残っていたこの記事を公開してお茶を濁すさくせん。
電車乗らないと全然読書がはかどらないカラダに、いつの間にかなっていた証左を晒します。

くまごろーの2020.05に読んだ本-読書メーターまとめ
くまごろーの2020.05に読んだ本-読書メーターまとめ

5月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2149
ナイス数:60

巴里マカロンの謎 (創元推理文庫)巴里マカロンの謎 (創元推理文庫)
読了日:05月05日 著者:米澤 穂信
十二人の手紙 (中公文庫)十二人の手紙 (中公文庫)感想
書簡集っておもろいですよね。文豪が書いたリアルなやつは特にあけすけなく大胆で真剣で思わず笑っちゃう。そういうのを想像して読み始めるとまあパターンが多彩で、でも書簡特有の第三者が目にした時の気まずさなどふんだんにありつつ、まさかそこに落ちるのか、という驚き、最後まで飽きなかったです。
読了日:05月08日 著者:井上 ひさし
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)君の膵臓をたべたい (双葉文庫)感想
二人称を『自分』とする地域の設定だったらむっちゃミステリー色強まらない?おれてんさいか。などとツッコミいれつつ読まないとなんとも背中がむず痒くて、ピュアな人間関係がまぶしかった。タイトルがなんか嫌だなあと敬遠してたんですが、面白く読み終えました。
読了日:05月11日 著者:住野 よる
向田邦子の本棚向田邦子の本棚感想
書簡や蔵書が没後晒されるのは偉人の証し。向田図書館素敵やー。あとドラマなぞおつくりになる方々には是非とも読んでいただきたい。『家族というものは10年前が書けなければいえないし、十年先も書けなければいけない。』そうです。確かにーそういうドラマは漏れなく面白い。
読了日:05月13日 著者:向田邦子
光圀伝光圀伝
読了日:05月29日 著者:冲方 丁
夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)
読了日:05月31日 著者:こうの 史代
名探偵コナン (98) (少年サンデーコミックス)名探偵コナン (98) (少年サンデーコミックス)
読了日:05月31日 著者:青山 剛昌

読書メーター