2009-10に読んだ本

あれっ、10月って31日あるよね?とちょっと不安になったのは内緒。(11月1日に書いているから)とりっく!とりーと!
今月も全体的に女性作家多め。しっかし今年も残すところあと2ヶ月ですってよ奥さん!300は無理かなあ。→id:kumagoro_morino:20090000:1231204373

10月の読書メーター
読んだ本の数:25冊
読んだページ数:7361ページ

ぬしさまへぬしさまへ
読了日:10月01日 著者:畠中 恵
図書館革命図書館革命
あーーおわった。名残惜しいような、やっとかっと言いたいような。最後まで一気に読まされてしまうスピード感は相変わらず心地よかった。でもエピローグはないとおもうん。一気すぎるやろー!別冊の前にレインツリーに行こうかと思ったけど、やっぱり次は別冊で。
読了日:10月03日 著者:有川 浩
サンタ・エクスプレス―季節風 冬サンタ・エクスプレス―季節風 冬
重松さんのなかでは夏は子どもで冬はおとなのイメージなのかな?なんか切ないお話が多かった。
読了日:10月04日 著者:重松 清
雲のむこう、約束の場所雲のむこう、約束の場所
アニメのノベライズとは知らず借りてしまった。映像ならすんなり入ってくるのかもしれませんが、非常に分かりづらかった。残念。
読了日:10月06日 著者:新海 誠,加納 新太
ねこのばばねこのばば
読了日:10月07日 著者:畠中 恵
強運の持ち主強運の持ち主
嫌いじゃないけどなんか、説教臭い感じがするなあー。表紙がかわいい。
読了日:10月08日 著者:瀬尾 まいこ
冷たい校舎の時は止まる (上) (講談社ノベルズ)冷たい校舎の時は止まる (上) (講談社ノベルズ)
やばい、中・下巻を準備せずに読み始めてしまった。気になるね、気になるよ!学校ってだけで十分怖いのに。
読了日:10月09日 著者:辻村 深月
火のみち (上)火のみち (上)
読了日:10月10日 著者:乃南 アサ
火のみち (下)火のみち (下)
読了日:10月10日 著者:乃南 アサ
チチンプイプイチチンプイプイ
買うほどじゃないけど読みたいなと思い続けやっと読んだ。仲よさそうこの二人。
読了日:10月11日 著者:宮部 みゆき,室井 滋
別冊 図書館戦争〈1〉別冊 図書館戦争〈1〉
アニメに興味ないけど、イヤこれ読まなきゃ問題アリアリでしょ有川さん!うまくいっちゃったカップルのベタベタなんてちーっとも興味ないんだけど、一気に読んでしまいましたよ。そしてどんどん堂上のイメージがかけ離れていく……。裏表紙にしっかり指輪が描かれているのがよかったです。ってなんだこの〆。
読了日:10月11日 著者:有川 浩
MAZE(めいず)MAZE(めいず)
なんだーシリーズっていうから読んだけど、別に影響なかったんすね!
読了日:10月13日 著者:恩田 陸
冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)
共感できない自分がおかしいのかしらと思ってみたり、高校生の時分はこんなだったかしらと遠くを見つめてみたり。とりあえずホストの正体を突き止めるまでは読みますけども、ちょっとだるい。
読了日:10月14日 著者:辻村 深月
黒百合黒百合
これから何かが起こるのか?ってどきどきしてきた時にするっと終わった。皆さんがおっしゃるとおり、ミステリとして期待すると物足らないです。でもなんだか好き。地元が舞台というのもあるのかな。宝急。
読了日:10月15日 著者:多島 斗志之
冷たい校舎の時は止まる  (下) (講談社ノベルス)冷たい校舎の時は止まる (下) (講談社ノベルス)
ホストはだいたい思ったとおり、あとがきを読んでああそういうことね、と思ったけど、菅原のくだりは予想してなかったのでびっくりしたー。なるほどね。ヒロ、なるほどねー。
読了日:10月16日 著者:辻村 深月
片想い片想い
これはーーんーーー。連載そのままなのかしら。結局主人公はイケメンでモテて家庭も何とかなっちゃったっていうオチがなんだか許せないんですが、狭量でしょうか。
読了日:10月17日 著者:東野 圭吾
白蛇島白蛇島
「光」に通じるものを感じました。島ってだけ?男同士のやりとりって、読んでてなぜかニヤニヤしちゃう。
読了日:10月18日 著者:三浦 しをん
風に舞いあがるビニールシート風に舞いあがるビニールシート
どのお話も、じっくり読ませられた。以前読んだ森さんの長編がちょっと合わなくてんーっと思っていたけど、これはすごく好みでした。何かを乗り越えるってすごいパワーだと思うの。
読了日:10月19日 著者:森 絵都
犯人に告ぐ犯人に告ぐ
映画を先に見てしまったので結末は知ってたのだけど、映画はこの本に忠実に作られているなというのが伝わった。ぐいぐい読まされたのです。
読了日:10月22日 著者:雫井 脩介
バスジャックバスジャック
一つのお話は短いのだけど、圧倒的な世界観でぐぐっと引き込まれるものばかりでした。バスジャックがブームって、どんなだ!って具合。早く読みたいような、じっくり味わいたいような。これはかなりツボだったわ。
読了日:10月22日 著者:三崎 亜記
別冊 図書館戦争〈2〉別冊 図書館戦争〈2〉
す、すみません。最後数ページはなぜだか胸が詰まってしまって文字を追うことが難しかったんですけど!こんなにハッピーになれて良かったなあ麻子!ってオカンか、私は。
読了日:10月23日 著者:有川 浩
人形式モナリザ (講談社ノベルス)人形式モナリザ (講談社ノベルス)
読了日:10月24日 著者:森 博嗣
塩の街―wish on my precious (電撃文庫)塩の街―wish on my precious (電撃文庫)
電車の中ではひどく読みづらかったです、挿絵が!(ごめんなさい)なんか、いろんな意味で重たかったっす。いじらしいってひっくり返すとイタイ。
読了日:10月25日 著者:有川 浩
空の中 (角川文庫)空の中 (角川文庫)
うはは、あまーいところはさくさく読めました。が、切ない話だのう……政治的な部分とかさらっと書いてあったけど、【白鯨】を異人種に読み替えたら、ちょっと薄ら寒いよ。
読了日:10月29日 著者:有川 浩
おまけのこおまけのこ
この表紙、いいですよね。ようやくこのシリーズにもなじんできた感じ。しかしどこまでも病弱な若旦那にイッラーっとする(酷)。
読了日:10月30日 著者:畠中 恵

読書メーター