さてと、ちちのひ

この日記で飼ってるりらっくまぞう(サイドバーのん)がね、今月入った位からわたしの誕生日を差し置いて「6月21日は父の日です」って連呼するモンですから、忘れようがないっちうかね、飼い熊に手をかまれたような気持ちでいっぱいです。ブログパーツなんて所詮宣伝ツールだし。自分がくまを名乗る以上、意地でもはずしませんけどね、ふんっ。
さていよいよ明日ですね。オットは「オレにも何かあるん?」とうきうきしながら言ってましたけど、「あんた父でもなけりゃ母の日に何か私にくれましたかしら、義母(オットの母)に母の日したのは誰でしたっけ」と低い声で言っておきました。この辺がかみぬまえみこと称される由縁か。……また話がそれた。どうも機嫌が悪くってすみません。
で今年はこれを[rakuten:wagokoroan:10001958:detail]両方の家に送ることにしました。父たちはオサレで仕方ないっていうステキな男性では残念ながらありませんので、実用的なものがよかろうかと。何本(って数えるんかな)あっても邪魔にはならんだろうし。

風呂敷でプレゼント包装(無料)してくれるというのでそれをお願いしました。
そして義父には特別に

お手製らっきょう漬けも送ります。
この話は書き出すと長いので要約すると、義父が血液が詰まってしまう病気で倒れた年にらっきょう漬けを送ったら非常に喜んで以後毎年催促されるから。だもんで梅仕事が始まる頃、我が家ではらっきょう仕事をしております。強烈な香りがなんともはや。自分家用はもういいのでそろそろ止めたいのですけど、これも親孝行です。ここ、ポイントです。
今から出すので明日届くとは思えないけど、気持ちですきもち。ここも、ポイントです。