昨日の一枚【払って来ました】

昨日は我が家にとって大切な日だったので、重い腰をようやく上げて、行ってきました厄払い。夏休みの宿題、ようやく一つクリア。
信仰のお寺の総本山とか有名な神様が祀られている神社とかへ参ってお祓いを受けたいところ、でも近所の厄神さまに御参りすることでよしとした。こういうところおろそかにしたらダメですかね?
調べてみたら女性は数えで33歳と37歳が本厄、つまり数えで32〜34歳、36〜38歳の間は厄年ということらしい……うむむ。
まっ、お祓いを受けるチャンスはまだあるってことですよ。(どれだけポジティブか
さすが厄神さま、正門にたどり着く前に試練がありました。
正門を入って本殿へ上る階段にも試練が。しっかり踏みしめてのぼりまして。
本殿に御参りです。
本殿横にあった延命根。高野山奥の院弘法大師御廟近くに樹齢八百年の老木が寿命を全うした後の杉の根だそうで、こちらに触って体の悪いところやお願い事を祈念するとよい、とあり。触れるとほんのり温かく、それだけで何かパワーをいただいた気がします。
お祓いを受けなかった分、厄除けと家内安全のお札をいただいて帰りました。
昨日の一枚、これは今日が厄神さんの夏祭りなので立てられていた看板の一部。昨日の記事とばっちりリンクしているではないか!と嬉しくなり記念撮影。
「笑顔に感謝」、いい言葉。