今日の気になる【Mr&Mrsスミス】

TUTAYA DISCASを利用していて、24のシーズンには利用頻度がグッとあがる我が家。今はオットも余裕がある勤務なので、平日におうちで映画を観れてしまう。
おかげで家事がおろそかに・・というのは贅沢な悩みなんだろうな。

今日の一本

24シーズン6残り3本にして、昨日届いたのがこれ。

もージャック・バウアーじゃないじゃんよー、でもまぁせっかくだし?観ようぜってことで。
オーシャンズシリーズの影響か、ちょっとブラッド・ピットが気になるのでチョイスしたと思われる。

感想など

その昔、劇場でこの作品を見た友人は、「ブラッド・ピットはカッコいい、アンジェリーナ・ジョリーはきれい。それ以上でもそれ以下でもない」と言っていたが、夫婦揃って全く同じ感想だった。
まずくまごろーとしては、この映画の根底ともいえる殺し屋(スパイ?)という商売が成り立っている大前提が受け入れられず、もやもや。
オチも半端。「組織がなくなったから万事解決」じゃないだろうがっ!とイライラ。ジョンの親友の存在もなんだかなー、だし。
後半のアクションシーンは確かに迫力満点だけど、「これ、アクション映画だったのね・・」と脱力。
夫婦の絆こうあるべき、ということを言っているのだろうけど、残念ながら説得力を感じず。
じっくりソファに座って観て損した、と思ってしまった。おろそかにした家事やりながら観ればよかったなー。

くまごろーのおすすめ度:★☆☆☆☆ 主役二人は文句なしに素敵だけど・・↓