今日の通勤のお供【邪魔(上)】

またしてもエントリーのタイトルどうなの?と思いつつ。

邪魔(上) (講談社文庫)

邪魔(上) (講談社文庫)

【最悪】に引き続き、奥田英朗作品。ちなみにこの次は、念願の【インザプール】が控え中・・!ふふふ。
人物描写がなんともいえずツボ。一見関係なさそうな登場人物たちがじわーっと繋がっていくエピソードもぞくぞくするし、少しずつ事件が大きくなっていく様子も、「次は、つぎは!?」と気になって仕方がない。早く続きを読みたいけど、もうちょっと浸っていたい、そんな感じ。大量殺人、密室トリック、みたいな派手な事件(仕掛け)があるわけじゃなく、自分の生活とも無関係じゃなさそうな小さな出来事(現実に起こったら決して小さな出来事では済まされないとおもうけど)が、リアリティありすぎていい。まもなく下巻突入。