今日の一枚【京都タワーの一日】

結婚記念日ということで、週末お泊りしてきた。ホテルグランヴィア京都♪
自宅から京都は電車で一時間足らず、今の職場に転勤するまでは京都のごく近くまで毎朝通勤していたのに、なぜか京都、特別(くまごろー基準)。テンションあがるわー。
せっかくグランヴィアが取れたので楽しみにしていたのに、この日体調最悪。朝から頭痛がひどくて、しかもなんか寒いし、だるいし。嵐山や貴船に行きたい!と計画していたにもかかわらず、すべて取りやめ。早めにチェックインして、部屋でのんびりすることに。
今日の一枚は、部屋の窓から見えた京都タワー。この高さから見ることって、案外ないと思うので、嬉しくなって体調が少し良くなった。現金だなー
そして、日が暮れたときに撮った京都タワーがこれ。
近くに住んでいると、ザ・観光名所みたいなところには行かないものではないかしら?くまごろーは関西在住暦10年余り、オットはずっと関西、二人ともこれまで京都タワーに上ったことがない。ホテルの(というより部屋の)目の前だし、くまごろーの体調も少し良くなったし、ここは行っとくか!と、人生初、京都タワー展望室へ。
おとなお一人様770円。2枚同時に購入すると、チケットの図案(お約束の京都タワーの写真)が、違っていたのでほぉーっと思った。青空のタワーと夕空のタワー。なかなかよろしい趣向だと思った。
同じ時間に、バラエティ番組みたいなテレビの収録をしていて、全然知らない芸人っぽい(ちょっとだけイケメンだったかな)男性と多分一般人の男女が数人、カメラや機械みたいの持った人たちが狭い展望室でわいわいと場所を占領していたので、じっくりと景色を眺められなかった。せっかく来たのにー、もーう。ま、夕焼けはとっくに過ぎて真っ暗だったので、肉眼でもなかなか見えないと思われるお寺なんかは、毛頭見えるはずもなかったんだけどさー。写真を撮っても真っ暗で、ここに公開すべきレベルでもない。
でも京都の盆地な感じとか、ところどころ五重塔の屋根やらが見えて、なかなかよい体験だった。そして意外とデートスポットであることも分かった。若者カップルが多かった。
この後ホテル内で食事。くまごろーはあまり食欲がなかったけど、チョコレートフォンデュがあって、これにはちょっと興奮した。
部屋でぐたーっと、カーテン全開でタワーを眺めつつ、ワインなど飲みながら二人で喋っていると、午前0時にぱっとタワーの照明が消えた。一晩中ついているわけじゃないんだ。当たり前か。
ひとつご注意を、タワーの展望室の望遠鏡(双眼鏡?無料だった)からホテルの方を見てみると、結構鮮明に部屋の様子が見えてしまうことが判明。展望室が開いている間は、カーテンを閉めておいたほうが無難。特に高層階は注意。
私たちはそれが判っていたので、時間を見計らってカーテン開けましたです。はい。多分大丈夫・・。
ホテルの側の望遠鏡、何とかした方がいいのかもね。