読了、そして新たに

読了【サウスバウンド】

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)

いつの間にやら下巻に遷移、あっという間に読了。

感想など

上巻と下巻で、印象が過激派お父さんのがらりと変わったなぁ。
上巻でのお父さんは、ことあるごとに(何事にも)突っかかる、とっても頭の固い人。
下巻でのお父さんは、(最後の大暴れを除いて)まるで世捨て人。
でも一貫しているのは、きにいらねぇことはうけいれねぇ、という姿勢。方法はめちゃくちゃだ(に見える)けど、徹底的に戦う。
他人にどう思われようが、自分が決めたことは貫くという生き方は清清しくて、まぶしい。
思想はともかく、この生き方、真似したい。実際はできないけど。
他(家族も含む)との軋轢を気にしすぎてストレスをためるよりか、ずっといいと思う。

今日のかばんの中身 【空飛ぶ馬】と【持たない暮らし】

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

2〜3日前から読み出した。物々しい事件なんかなくても、日常生活の中にもミステリアスな出来事ってあるよね、という話らしい。
落語も演劇も本も知らない自分にとっては、この作品の本当の面白さは理解できないのかも・・。
短編なので、ちょいちょい読むには便利。

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし

昨日大方立ち読みして、それでも買ってしまった本。まさに自分が目指している暮らしが書かれていたので、迷ったときの指針にしようかと。

昨日本当は、お片づけブログ界で話題騒然のこの本

片付けられない女魂

片付けられない女魂

 【片付けられない女魂】を買いに行ったのに、違う本を買ってしまった次第。この本ずっしり重かったので・・ごめんなさいごめんなさい。Amazonで買おーっと。