世界柔道2007

自分でも驚くほど、柔道観戦が好きだ。世界柔道やオリンピックが放映される時期は、テレビにかぶりついて観てしまう。高校生とかの大会も然り。
自分ではやったことはないし、技の名前もほとんど知らないのだが(汗
オットはその昔柔道部で、なにかと詳しく解説してくれるため、その影響なのかも。

「ママでも金」進化する谷 世界柔道

9月17日18時54分配信 産経新聞

 小さな腰の上にベルモイの体を乗せて谷の体が宙を舞う。決勝の開始47秒。クルリとねじった体の下で、相手の体が激しく畳を打つ。狙い澄ました払い腰は「有効」。再び世界の頂点で輝いた。

このニュースについて言及するつもりはなくて(なら引用するなよ)、今日の世界柔道の放送をみて思ったこと。

  • 日本人以外の審判たちは、何語で会話してるの?
    主審と副審が話し合う場面をよく見るが、日本語、なわけないよなぁ・・と。
    気になるわ。
  • 谷選手のお子さんはたぶんすごいスポーツマンになりそうだけど、柔道と野球、どっちをするんだろう?
    男の子だと聞いたが、どっちなんだろうね?よその子ながら(だからこそ?)、興味深々。

それから柔道に限ったこと(テレビ放送)ではないのだが、一番になって当たり前、という風潮は嫌いだ。それからイメージキャラクターの存在も理解に苦しむ。視聴率って。