はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

2012-08に読んだ本

感想が書けなくて、夏。後でやろうと思っても、やらないねー。

8月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:6823ページ
ナイス数:123ナイス

六つの手掛り六つの手掛り
読了日:08月01日 著者:乾 くるみ
君がいなくても平気 (カッパ・ノベルス)君がいなくても平気 (カッパ・ノベルス)
読了日:08月06日 著者:石持 浅海
攪乱者 (ジョイ・ノベルス)攪乱者 (ジョイ・ノベルス)
読了日:08月08日 著者:石持 浅海
天才までの距離天才までの距離
読了日:08月09日 著者:門井 慶喜
ブック・ジャングルブック・ジャングル
自分の一番好きな空間で、信頼していた人こんなことされたらたまらんなー。守ると言われてもな、一生トラウマになりますですよ。動機もはっきり言っておまえの下半身がだらしないだけだろオイ、ってとこでまったく共感できないし。ちょっと口直しが必要。
読了日:08月10日 著者:石持 浅海
果てしなき渇き果てしなき渇き
読了日:08月13日 著者:深町 秋生
この胸に深々と突き刺さる矢を抜け 上 (100周年書き下ろし)この胸に深々と突き刺さる矢を抜け 上 (100周年書き下ろし)
読了日:08月14日 著者:白石 一文
この胸に深々と突き刺さる矢を抜け 下 (100周年書き下ろし)この胸に深々と突き刺さる矢を抜け 下 (100周年書き下ろし)
小説なのかなこれは、と何度か思ったけど、子育てと外で働くことを同列に考えるならば云々のところ(p.145前後)を読んだときハッとなったので、読んだ価値はあった。
読了日:08月15日 著者:白石 一文
我が家の問題我が家の問題
家族のことは、クスクス笑えるしどこかで必ず涙ぐんでしまうし、困っちゃうなー。『妻とマラソン』にはドキッとさせられる。夫とは対等でいたいんです。我がオットはこの主人公みたく名の通った人ではないけれど、奥さんの気持ちがよくわかる。困っちゃうなー。
読了日:08月15日 著者:奥田 英朗
片付けられない女魂片付けられない女魂
定期的に引っ張り出してきては読んでる。中毒性のある文章。オチは知ってるのについ笑ってしまう。片付けるモチベーションになるかどうかは人それぞれだろうが、この人のモノに対する考え方は好きだ。
読了日:08月16日 著者:夏目♀
四十九日のレシピ四十九日のレシピ
読了日:08月17日 著者:伊吹有喜
武士道シックスティーン武士道シックスティーン
読了日:08月21日 著者:誉田 哲也
武士道セブンティーン武士道セブンティーン
読了日:08月21日 著者:誉田 哲也
武士道エイティーン武士道エイティーン
読了日:08月21日 著者:誉田 哲也
連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)
タイトル、変えない方がよかったんじゃ?表紙もポップすぎて、この壮絶な内容からかけ離れすぎている気もするし。でも、そんなことどうでもいいと思える程これは凄かった。猟奇的なシーンがリアルすぎてどこまで続くねん、と正直うんざりしかかったけど、どれも必要だった。ピアノがまた効果的でな。もう中山さんてなんなの本当に。次の作品を早く読みたい。
読了日:08月23日 著者:中山 七里
空の冒険空の冒険
『悪人』を読んだ時、わたしは一生懸命「悪」とは何かということを考えて結局よくわからなかったのだけど、これを読んで人の話なんだからそりゃわからんよな、と気づきました。短編小説も旅にまつわるエッセイも読んでいて旅に出たくなるのは勿論のこと、吉田作品をガッツリ読み耽りたい気分になりました。
読了日:08月23日 著者:吉田 修一
僕は、そして僕たちはどう生きるか僕は、そして僕たちはどう生きるか
こんな良質な文章がWebマガジンで読めるなんて、いい時代だ。中高生時代に読んでいたらきっと、生き方に影響を受けていたとおもう。
読了日:08月24日 著者:梨木 香歩
ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)ガラスの仮面 第24巻 ふたりの阿古夜 1 (白泉社文庫 み 1-38)
読了日:08月27日 著者:美内 すずえ
菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)
シリーズの途中から読んだわたしが悪かった。なんというか、ちゅうとはんぱな印象。
読了日:08月28日 著者:上田 早夕里
パーフェクト・プランパーフェクト・プラン
このミス大賞第二回の大賞作品。女刑事さんのキャラがもったいないなあ、と思ったら選評にもバッチリ指摘されとった。続きどうなるの?と気になって、一気読み。スピンオフしてるのかな、ちょっと読んでみたいよ。
読了日:08月28日 著者:柳原 慧
見えない復讐見えない復讐
つるつるが不憫でならない。彼らの復讐の動機がどうにも理解できない。大学なん?最後までわからなかった。
読了日:08月30日 著者:石持 浅海
ステラMOOK 週刊ブックレビュー 20周年記念 ブックガイドステラMOOK 週刊ブックレビュー 20周年記念 ブックガイド
読んだというか一応一通り目を通したので登録しておく。バイヤーズリストとして活用する予定。『周さんの本、きれいだなあ』という児玉さんの何気ない言葉がとても印象深いです。
読了日:08月30日 著者:
血統(ペディグリー)血統(ペディグリー)
読了日:08月31日 著者:門井 慶喜

2012年8月の読書メーターまとめ詳細

読書メーター