はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

Forever Friends.

どんなに ながく ご無沙汰をしてても
電話ひとつ かけるだけ 学生に戻れる

会えば自然とわたしの頭にこの歌が流れる、そんな友達のひとりがこのたびめでたく結婚。式と披露宴に参列させてもらいました。式が始まるまでは空がどんよりしていて心配でしたが、記念撮影のころにはぴっかり晴れて笑顔に。折角の青空の下全員、だれからともなく日陰を求めてそそと移動。もうそういうお年頃なのよねわたしたち。
この歌のとおりさいきんはご無沙汰しがちだし、話題の中心は学校の悲喜交々から仕事のこと、恋愛のことを経て、家庭のこと、子どものことへ移りつつあるけれど、(たいがい長い付き合いのうちのオット)彼より長い付き合い。弱みもいっぱい握られてるし握ってる。前置きなしでなんでも喋れる。ひさしぶりに大声で喋りあって、大口あけて馬鹿笑いした。そして、とてもいいお式でちょっぴり泣いたね。
これでデトックスになったおかげなのか、今月から仕事が決まりそうです。帰ってきて急な話で自分でびっくりしている。ともだちって、ほんとうにだいじ(げんきんなわたし)。
会場でたくさん撮影した写真は、こじゃれた写真集にしようと、ごそごそやっています。最近、RAWでの撮影はじめました。自分のときのんよりも力が入ってる、ということはオットには内緒です。さて、うまくできますかどうか。喜んでもらえるようにいろいろやってみるよ。