読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

2012-04に読んだ本

あっというまに4月が過ぎていてびっくりする。2012年、もう4ヶ月がすぎた。わたし、何やってるんだろう…とときどき思う。ひととくらべてどうの、っていうのは好きじゃないしまあ意味がないと思ってるのであんまりやらないのだが、自分のまわりだけとてもあっさりさらりさらりと時間が流れていくようで、戸惑う。

4月の読書メーター
読んだ本の数:39冊
読んだページ数:9389ページ
ナイス数:165ナイス

ちはやふる(16) (BE LOVE KC)ちはやふる(16) (BE LOVE KC)
太一!
読了日:04月01日 著者:末次 由紀
うどんの女 (Feelコミックス)うどんの女 (Feelコミックス)
読了日:04月01日 著者:えすとえむ
失恋ショコラティエ 4 (フラワーコミックス)失恋ショコラティエ 4 (フラワーコミックス)
読了日:04月01日 著者:水城 せとな
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
もう、これは買うよ。ごめんなさい、今まで借りてて。
読了日:04月01日 著者:羽海野 チカ
でーれーガールズでーれーガールズ
青春と制服の思い出って(私の世代は)切っても切り離せないので、うまいなあと思う。あ、ちがう、でーれーわ。でーれーしょうせつじゃわ、これ。
読了日:04月01日 著者:原田マハ
知識ゼロからのジョギング&マラソン入門知識ゼロからのジョギング&マラソン入門
読了日:04月02日 著者:小出 義雄
黒笑小説黒笑小説
黒い笑い。こういう東野さんが好きです。冒頭の「もうひとつの助走」を具体的に人を当てたりしながら読むとちょう黒くて笑える。
読了日:04月02日 著者:東野 圭吾
狐火の家狐火の家
ありゃ、短編だったんですか、意外でした。前作「硝子のハンマー」での緻密な人物・背景描写が楽しかったので、かなりもの足らなかったな。でもちょいちょい出てくる携帯の着信音のチョイスがツボです。二人ともめっちゃマメに設定していておっかしいの。
読了日:04月03日 著者:貴志 祐介
田舎の紳士服店のモデルの妻田舎の紳士服店のモデルの妻
宮下さんの本は3冊目だと思うけど、こう、割といろんな人が感じているだろうけどあんまり触れられたくない部分にぐいぐい踏み込んで行って、目が離せないんだけど心がビシビシする。あっち側とこっち側。わかる。絶対に一度は考えたことある。平和っぽいタイトルと表紙なのに重量感があって、少々疲れました。
読了日:04月03日 著者:宮下 奈都
四龍海城四龍海城
読了日:04月06日 著者:乾 ルカ
人質の朗読会人質の朗読会
タイトルの意味は、始めの章で氷解。朗読のペースを考えてゆっくり読んだ方がいいのかなと思ってそうした。どんな人生にもだれがみても劇的というような出来事はそうそう起こらない中、ここで語られる(小川洋子的)日常は、優しくてちょっぴり不思議で、やっぱり刺激的だった。
読了日:04月09日 著者:小川 洋子
寝ても覚めても本の虫寝ても覚めても本の虫
まずあとがきを読んで、第1章を読んだところで手を止めた。借りている本なので、文庫を買ってゆっくり読もうと思ったから。挙げられている作家の殆どに心当たりがなくて、本が好きを自称していて恥ずかしくなったので、勉強する。
読了日:04月09日 著者:児玉 清
村上春樹 雑文集村上春樹 雑文集
本当に多才なひとだなあと今更ながらおもう。敢えて今までこの人の作品を避けてきたのだけど、漸く読むべきときがきたかも。まずは翻訳の方から。気になる。
読了日:04月10日 著者:村上 春樹
イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)
なんでこんなばぶりーな恋愛話がそんな盛り上がってんの?と半信半疑だったけど、最後まで読んで納得。これは気づかないわ。カバーの折返しのところのあらすじを先に読んでいたので、まんまと嵌められて悔しい。私が気づいたポイントはタバコでした。くそう。
読了日:04月11日 著者:乾 くるみ
みみっく(9) (BE LOVE KC)みみっく(9) (BE LOVE KC)
読了日:04月13日 著者:深見 じゅん
凍りついた香り凍りついた香り
最近の小川さんの作品と比べたら、なんというか、すごく生々しくて温度の低さの程度に驚く。少しずつ浮かび上がってくるルーキーの人物像が、だんだんと得体の知れないものに変わっていく。家族の愛って、なあ。スッキリしないけど、なんとなく理解できるところもあって、表現しづらいこの気持ち。
読了日:04月14日 著者:小川 洋子
千両花嫁―とびきり屋見立帖千両花嫁―とびきり屋見立帖
こういう視点で幕末の志士たちの活躍を見るのは面白いなあと思う。虎徹の章は『いっしん虎徹』を思い出してちょっと胸が熱くなった。
読了日:04月14日 著者:山本 兼一
月と蟹月と蟹
直木賞受賞作。『向日葵の咲かない夏』が苦手で、それは子どものこういう心理を生き物と組み合わせて描かれることがどうしても受け入れられないからで、またその、と暗い気持ちになった。ヤドカミ様の数が増えるたび何度「もう、いいじゃん」と心の中で言ったかわからん。子どもにはもう、とにかく笑っていて欲しい。大人は全力でそういう環境を整えないといかん。
読了日:04月15日 著者:道尾 秀介
セカイのきんぴらセカイのきんぴら
読了日:04月16日 著者:飯島奈美
砂の王国(上)砂の王国(上)
読了日:04月16日 著者:荻原 浩
砂の王国(下)砂の王国(下)
上巻の這い上がって駆け上って行くあの勢いには手に汗握った。まああそんないい時代が長続きする訳なくて、山崎の精神と教団の運命がどんどん崩壊する様子は楽しくはないけれど、真理だよなあと思いました。そして歴史は繰り返す、のかは分からないけど、この主人公ならもう一回あってもおかしくはないな。奥さんがもっと絡んでくるかと予想したけど、違った。
読了日:04月18日 著者:荻原 浩
地図男 (ダ・ヴィンチブックス)地図男 (ダ・ヴィンチブックス)
これは、ちょっと、脱落(>_<) 文学賞もいろいろあるんですねえ……
読了日:04月18日 著者:真藤 順丈
ばくりやばくりや
【ネタばれ】ばくりやは実はばくられやだった、と。膝を打った。乾さんの、好きなタイプの話だった。
読了日:04月21日 著者:乾 ルカ
QED 百人一首の呪 (講談社ノベルス)QED 百人一首の呪 (講談社ノベルス)
読了日:04月22日 著者:高田 崇史
モーダルな事象 (本格ミステリ・マスターズ)モーダルな事象 (本格ミステリ・マスターズ)
読了日:04月25日 著者:奥泉 光
セカンド・ラブセカンド・ラブ
よく、わからんちん(´・_・`) 男の人が書いたんじゃないかな、という漠然としたイメージ。
読了日:04月25日 著者:乾 くるみ
神戸のカフェランチ神戸のカフェランチ
全店舗制覇したい。
読了日:04月26日 著者:
アンダスタンド・メイビー〈上〉アンダスタンド・メイビー〈上〉
読了日:04月26日 著者:島本 理生
アンダスタンド・メイビー〈下〉アンダスタンド・メイビー〈下〉
彌生君が許してくれたところではうっかり泣いてしまった。気持ちがざわざわする話だけど、希望がみえる終わり方で良かったわ。
読了日:04月26日 著者:島本 理生
深夜食堂 9 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)深夜食堂 9 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
わわ、ドラマで好きだった『白菜漬け』が収録されてる。
読了日:04月27日 著者:安倍 夜郎
ええもんひとつ―とびきり屋見立て帖ええもんひとつ―とびきり屋見立て帖
読了日:04月28日 著者:山本 兼一
高杉さん家のおべんとう 1高杉さん家のおべんとう 1
読了日:04月28日 著者:柳原 望
高杉さん家のおべんとう 2 (MFコミックス)高杉さん家のおべんとう 2 (MFコミックス)
読了日:04月28日 著者:柳原望
高杉さん家のおべんとう 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)高杉さん家のおべんとう 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:04月28日 著者:柳原 望
高杉さん家のおべんとう 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)高杉さん家のおべんとう 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:04月28日 著者:柳原 望
高杉さん家のおべんとう 5 (フラッパー)高杉さん家のおべんとう 5 (フラッパー)
読了日:04月28日 著者:柳原望
掏摸(スリ)掏摸(スリ)
読了日:04月30日 著者:中村 文則
北欧の道具と暮らしたい。―ていねいに暮らす (別冊美しい部屋 ていねいに暮らす)北欧の道具と暮らしたい。―ていねいに暮らす (別冊美しい部屋 ていねいに暮らす)
ほー(ため息)。ステキな御宅や道具の写真を見ると、いろいろ漲る。
読了日:04月30日 著者:
グアテマラの弟グアテマラの弟
スッキリとした文章のなかに浮かび上がる家族愛。非常に読後感のよい作品です。コーヒー飲みたくなっちゃった。
読了日:04月30日 著者:片桐 はいり

2012年4月の読書メーターまとめ詳細

読書メーター