読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

心と響きあう読書体験(2011年)。

今年も小川洋子さんの本『心と響き合う読書案内 (PHP新書)』にタイトルを一部お借りして、まとめてみようと思いますが、どうもうまくいきません。本を読むことは自分にとって、おきて顔を洗って歯を磨いて、とおんなじで、もはや生活習慣の一部と言い切れるのだけど、2011年は3.11があって。被災したわけではないけどあの日以前のことはとてもおなじ年に起ったこととは思えず、遠いとおい過去のことのよう。ほぼ時期を同じくして私の生活スタイルもがらりと変わってしまった。そんな中、私はなぜこんなに本を必要としているのかなあ、と何度も考えた一年でした。
本をはじめとする資料の類は人間の叡智の集大成であり、それに触れることで人は成長するんだ、ということがよく言われます(出典失念、oh)。どうしたらいいのか、何かにすがりたい、そんな不安な気持ちを鎮めてくれるものが本、という側面は確かにあります。2011年の読書記録を眺めていると、何かヒントが欲しい、光を求めたい。そんなジタバタっぷりが伺えるのでした。

2011年の読書メーター 読んだ本の数:395冊 読んだページ数:97859ページ ナイス:2277ナイス 感想・レビュー:251件 月間平均冊数:32.9冊 月間平均ページ:8155ページ ▼本一覧 http://bit.ly/yK1Si6

この中から心に残った作品をピックアップすると、15冊。こちらです。
光媒の花うつくしい人利休にたずねよ (PHP文芸文庫)オー!ファーザーストーリー・セラー天地明察折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)本日は大安なり神様のカルテキネマの神様海に沈んだ町電化製品列伝かんさい絵ことば辞典作家の口福 (朝日文庫)
http://book.akahoshitakuya.com/u/12193/cat/161712
プラス、1冊。

読む力は生きる力

読む力は生きる力

子どもの読書の大切さを説いた本で、「なぜ読むのか」に真正面から答えてくれていて、非常に救われた気持ちになった本です。子育て真っ最中の方には是非、そうでない方も一度、目を通されてはいかがかと思いました。2011年はこれで、締めたいと思います。
今年も、すばらしい読書体験ができますように。

ずいぶんテンションの違う、過去の読書記録振り返り。面白いので並べてみる。
2010年→id:kumagoro_morino:20110110:1294628991
2009年→id:kumagoro_morino:20100108:1262912393