読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

2011-10に読んだ本

テレビドラマ放送のために宮部みゆき再読祭りを開催するつもりが、だらだらしてしまった。

10月の読書メーター
読んだ本の数:28冊
読んだページ数:6379ページ
ナイス数:163ナイス

久世光彦vs.向田邦子 (朝日新書)久世光彦vs.向田邦子 (朝日新書)
期待していた内容と違っていたのでさらっと流し読み。私は直木賞とったあとの向田邦子さんの作品が特に好きです。
読了日:10月01日 著者:小林 竜雄
六月の輝き六月の輝き
これはちょっと……最後まで、美奈子に感情移入できず。わからんではないのよ、でもねー。でずるずる行ってしまったので勿体無かったな。
読了日:10月02日 著者:乾 ルカ
猛スピードで母は猛スピードで母は
サイドカーに犬」は自伝なんじゃないかとおもって慌てて公式サイトのプロフィールを確認した。そんなわけないと分かった今も、ちょっと信じられないくらい描写がリアル。引き込まれた。
読了日:10月03日 著者:長嶋 有
心星ひとつ―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-7 時代小説文庫)心星ひとつ―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-7 時代小説文庫)
はうっ!←心星ひとつの章で思わずでた声。小松原さまのあの台詞にドキドキして、夫に懇願して言わせました。前作で物語が動き出したなと思ったら、一気でした。ネタバレになってしまうかもですが、決まったとてそこがゴールじゃないしね。それは今も同じこと。澪の「もう、堪忍して」の台詞が印象的。どうなるんだろう。半年おだまき作りながら、ワキモキして待ちます。
読了日:10月05日 著者:高田 郁
山本耳かき店 (ビッグコミックススペシャル)山本耳かき店 (ビッグコミックススペシャル)
高知の方なんですねえ、安倍さん。あとがきおもしろかったです。
読了日:10月05日 著者:安倍 夜郎
深夜食堂の勝手口 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂の勝手口 (ビッグコミックススペシャル)
この語り口、あんまり得意でないかも?と読み進められずにいたのだけど、深夜食堂の中でもツボってたメニューを取り上げられていたことと、焼きそばの章で嵌りました。ユルくてほどよく力が抜けて、いい。ドラマの予習になりました。あーなんかB級なものたべたーい。
読了日:10月06日 著者:堀井 憲一郎
感応連鎖感応連鎖
読了日:10月08日 著者:朝倉 かすみ
腕貫探偵、残業中腕貫探偵、残業中
「だーりん。またね、ちゅ」だとぉ?プライベートではずいぶんくだけてるんだな、腕貫さん。食いしん坊としては、お店情報に釘付けやったよ。櫃洗市、気になるぜ。
読了日:10月10日 著者:西澤 保彦
みみっく(7) (Be・Loveコミックス)みみっく(7) (Be・Loveコミックス)
読了日:10月13日 著者:深見じゅん
果実酒・花酒・薬用酒手作り大全科―172種のバリエーション (マイライフシリーズ特集版―素敵ブックス)果実酒・花酒・薬用酒手作り大全科―172種のバリエーション (マイライフシリーズ特集版―素敵ブックス)
花、野菜、薬用酒はチャレンジできるかは分からないけど斬新で、どんな味なのか想像するのが楽しかった。自家栽培のもので作れたらいいなあ、もっと楽しいだろうなあと思います。この冬はみかんと紅玉林檎に挑戦。
読了日:10月13日 著者:藤巻 あつこ,指田 豊
お惣菜ケーキ―キッシュ、パイ、ケーク・サレ、ブレッド…お惣菜ケーキ―キッシュ、パイ、ケーク・サレ、ブレッド…
これは家にあってもいいかも。コーンブレッドが美味しかった。
読了日:10月14日 著者:荻田 尚子
ぼんくらぼんくら
初読からもう10年経ってた!感想は改めて。
読了日:10月15日 著者:宮部 みゆき
NのためにNのために
Nが、Nのために、少しずつかみ合わなくなっていく。かみ合わない度合いと、ころりころりと変わ目線のせいで、最高にイライラした。野バラ荘のために、でいいじゃないか。大家のじいちゃんがいなかったら、とても読めたものじゃなかったと思う。
読了日:10月17日 著者:湊 かなえ
もっと使える乾物の本―おいしさ・手軽さ新発見 食べ方・使い方170もっと使える乾物の本―おいしさ・手軽さ新発見 食べ方・使い方170
一体何人のゴーストライターを抱えていらっしゃるのか、というほどの情報量で、満腹です。レシピ本として使うには索引もないし、写真もなくて味気ないしで、寂しい。ただ、ガーっと、バサーっと、というおなじみのズボラ術は読んでいてリズムが気持ちいいです。
読了日:10月19日 著者:奥薗 壽子
マボロシの鳥マボロシの鳥
あたかも太田さんがしゃべっているような表現のものは非常に読みづらくて、苦戦した。でも、言いたいことはきちんと伝わって来た。壮大なことをいつも考えていらっしゃるんだなあと。面白いです。万人にウケようとせず、ずっとこのスタイルを貫いて欲しい。次作も楽しみです。
読了日:10月21日 著者:太田 光
樋口可南子のいいものを、すこし。樋口可南子のいいものを、すこし。
樋口さん自身が書いておられるのだとばかり。少し残念だけど、写真に写るお姿はどれも素晴らしく美しくて、ため息。ショートカットが似合う、背筋と首筋の美しい女性になりたいです。この冬は、首と胸元を開けていこう。
読了日:10月21日 著者:清野恵里子
アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
マドンナと極北とその他もろもろの作品がやっとクロスしたというだけで、読む価値があった。田口先生はどんどん偉くなって、それに伴うぶん仕事を放棄していっている気がする。
読了日:10月23日 著者:海堂 尊
プロメテウスの涙プロメテウスの涙
うわああああ、グロいやつはアカン。瞳孔が開いた顔(実際にみたことはない)がチラチラ浮かんで来て、背筋がすうーっとする。乾さんの表現のすごさ。
読了日:10月24日 著者:乾 ルカ
女中譚女中譚
読了日:10月26日 著者:中島 京子
深夜食堂 8 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)深夜食堂 8 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
最後の『油揚げ』がいいなあ。新宿に行けば本当にマスターに会えそうな気がした。わたしもまた義捐金を送ろう。
読了日:10月28日 著者:安倍 夜郎
青天の霹靂青天の霹靂
読了日:10月28日 著者:劇団ひとり
心と響き合う読書案内 (PHP新書)心と響き合う読書案内 (PHP新書)
図書館でぱらーっとめくって、『アンネの日記』と『思い出トランプ』が紹介されていたので借りたら、あら、ラジオ番組の書籍化だった。あの番組好き。もっとまじめに聴こうと思った。構成が素晴らしい本です。四季ごとに纏められていて、この本が?という驚きも加わって楽しい。小川さんの書評はどれも読みたいと言う気にさせられる。読んだことのある本もない本も、読みたくなった。
読了日:10月29日 著者:小川 洋子
KOBE SWEETS&BREAD―神戸スイーツ・パン・カフェ あまから手帖セレクション (クリエテMOOK)KOBE SWEETS&BREAD―神戸スイーツ・パン・カフェ あまから手帖セレクション (クリエテMOOK)
いただいた本。地図がついてたらより「使える本」やと思うな。
読了日:10月29日 著者:
箱根 (ことりっぷ)箱根 (ことりっぷ)
行きます、来週。このシリーズはお土産情報が非常に参考になります。
読了日:10月29日 著者:
鎌倉―湘南・葉山 (ことりっぷ)鎌倉―湘南・葉山 (ことりっぷ)
寄ります、来週。写真を見ているだけで楽しいシリーズですが、難があるとすれば、首都圏からのアクセス情報(特にお得な切符情報)は厚くて、他は薄いこと。関西圏の者としては少々不満です。
読了日:10月29日 著者:
的を射る言葉的を射る言葉
短く簡潔な言葉は美しい。的のど真ん中をズバッと射抜くもの、肩先をチョロっと掠めるもの、いろいろだったけど、どれもハッとした。長い会議は無駄。どれも格言として、組織の事務所に貼っておけばいいのに、と思うものばかりでした。『人の文見て我が文直せ』ハイ、そのとおり。
読了日:10月30日 著者:森 博嗣
虹色の皿虹色の皿
前作のシリーズが強烈だったから身構えてしまったけど、拍子抜けな。学生時代の友人は大切にね、という話。
読了日:10月31日 著者:拓未 司
インディペンデンス・デイインディペンデンス・デイ
読了日:10月31日 著者:原田 マハ

2011年10月の読書メーターまとめ詳細

読書メーター