はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

2011-08に読んだ本

どうも、ご無沙汰しています。ひとやまこえて、帰ってまいりました。
オットに「ご協力のおかげで予定を無事終了することができました。ありがとう」と言いましたところ、「いや、逆に迷惑かけて申し訳ないと思っている」と返されました。ほんま、その通りやで……!いよいよ大詰め、明日がヤマ、という日の前日に限ってけんかを吹っかけられ、寝不足に陥るというね。不幸ですわ。義実家がらみでごたごたあってね。まあ、不幸でしょう。
内心「たいして金にもならんことを、オレ(家のこと全般)をほっぽってしよってからあいつは」などと、思っているに違いないと思うんだけど。でも黙って(ないときも多いが)生活を支えてくれて、(ほんのちょっとだけ)応援してくれて、本当にありがたいと思ってます。今日からまた美味しい(毎日であることは保障できないのだが)ごはんを心を込めて作るので、ひとつよろしく。
今月の心のよりどころは、ネットカフェでありました。暇なの?いやいやいや。

8月の読書メーター
読んだ本の数:55冊
読んだページ数:11341ページ
ナイス数:175ナイス

からだにやさしい果実酒&果実酢かんたんレシピからだにやさしい果実酒&果実酢かんたんレシピ
季節のフルーツごとにまとめられていれば○。漬けた後のフルーツの使い道をもっと手厚く紹介してあったら◎。
読了日:08月01日 著者:
犬のしっぽを撫でながら犬のしっぽを撫でながら
寝っ転がって読んでごめんなさい。小川さんの本を読むと、いつもぴっと背筋の伸びる思いがする。
読了日:08月01日 著者:小川 洋子
じゃがいも料理じゃがいも料理
好きなんだけど、上手に調理できないじゃがいも。何かヒントを、と思いてに取った。なーんも難しい事はなくて、じっくり丁寧にやればいいということはわかったのでやってみる。どの写真も、色が好きだ。
読了日:08月02日 著者:高山 なおみ
やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)
とても正直で、飾ることをしない、あっけらかんとした性格の人なんだろな、とは思うけど、全般的に好きになれない文章だった。隔週で読むには程よいけど、纏めて読むとムラがあって、なんだか笑えなかったわ。若いのにさーとか、思わず突っ込んでしまったもの。年下の作家にツッコミ入れるなんて、年取ったなあ自分。
読了日:08月02日 著者:豊島 ミホ
偽憶偽憶
力作だー。どう落ちるのか気になって、夜更かしして最後まで読み切ったのは久しぶりだった。本格ミステリーとしての期待感は裏切られたかもしれないし私も結末は納得行かないけど、何かあるぞ、起こるぞ、とぐいぐい読ませる力が凄いなと感じました。初めて作品を読みましたが、もっと読んでみたい作家さんです。
読了日:08月04日 著者:平山 瑞穂
晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)
ここに佐伯書店の真柴くんを加えたらもっとてきぱき進んでおもしろかったんじゃ?ひつじくんでは少々頼りないから。と無責任に思うなど。短編で読みなれているシリーズなので、冗長な感じがして読みづらかった。
読了日:08月05日 著者:大崎 梢
メグルメグル
大学のアルバイト斡旋にまつわる連作短編集。乾さんの本は2冊目だが、どうにもこうにも好きだ。まさかまさか、というところにキチンと落ちる時、そうでない時、無理がなくてどんどん読まされてしまう。ユウキさんのことをもっと知りたい。
読了日:08月06日 著者:乾 ルカ
チヨ子 (光文社文庫)チヨ子 (光文社文庫)
読了日:08月06日 著者:宮部 みゆき
背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)
今日書店に行った時ちょうど営業マンが来ていて書店員と話しているところを目撃して、「ああ、ひつじくん」と思いました。それはさておき。成風堂シリーズは書店員対客、この井辻君シリーズは出版の営業マン対書店員、がメイン。対作家の話をもっと読みたいなあと思います。本を作って売ることって、ほんとーうに大変な事はよくわかってるから。
読了日:08月08日 著者:大崎 梢
おかずとご飯の本おかずとご飯の本
こういう本はレシピを知る楽しみ以上に、写真を眺めてちょっとしたコラムのページを読むのが一番楽しい。盛り付けのページで「いじったり触りすぎたりすると、箸の先で素材を傷つけているような気がする」という文にぶんぶん頷く。ばさっと盛ってそれなりに見えるようになる迄には、まだまだかかりそうですが、努力を続けることにする。
読了日:08月10日 著者:高山 なおみ
ごはんのことばかり100話とちょっとごはんのことばかり100話とちょっと
なんでか、あんまり好きじゃない。美味しそうなんだけど、不思議と好きになれない。ばななさん、やっぱり相性悪い……。チビちゃんが登場した回だけ、だんだんと成長しているのがわかって嬉しくて、ホッとした。
読了日:08月11日 著者:よしもと ばなな
f植物園の巣穴f植物園の巣穴
現実と妄想、いまどちらにいるのかわからなくなり、さっきまでするりと世界にのめり込んでいたのに、いつのまにか入り込めなくなってしまう。でもまた小さなウロから呼び戻され、みたいな繰り返しでした。息継ぎしていたら置いて行かれる、みたいな。湿気の多い今読むには少々息苦しかったかな。
読了日:08月11日 著者:梨木 香歩
みみっく(6) (Be・Loveコミックス)みみっく(6) (Be・Loveコミックス)
読了日:08月12日 著者:深見 じゅん
ファミリーツリーファミリーツリー
連続テレビ小説「おひさま」と同じ舞台。最後迄リュウとリリーの関係を理解できず、ツリーを描けなかった。長野が舞台の間が楽しかった。自然と美味しそうなものを描きだすのがお上手ですね、小川さん。海と雪原の場面でなぜか涙が。
読了日:08月13日 著者:小川 糸
純平、考え直せ純平、考え直せ
って、ぜーんぶ、夢だからー。ラリっちゃだめよ、純平くん。そういう話だということに結論した。登場人物がどれもリアルでその辺にでもいそうで(その世界の方とはお付き合いはありませんけど)、奥田さんの本読んでるわー、と堪能できた。
読了日:08月13日 著者:奥田 英朗
ハチミツとクローバー 4 (クイーンズコミックス―ヤングユー)ハチミツとクローバー 4 (クイーンズコミックス―ヤングユー)
読了日:08月14日 著者:羽海野 チカ
ハチミツとクローバー 5 (クイーンズコミックス―ヤングユー)ハチミツとクローバー 5 (クイーンズコミックス―ヤングユー)
読了日:08月14日 著者:羽海野 チカ
ハチミツとクローバー 6 (クイーンズコミックス―ヤングユー)ハチミツとクローバー 6 (クイーンズコミックス―ヤングユー)
読了日:08月14日 著者:羽海野 チカ
ハチミツとクローバー 7 (クイーンズコミックス―ヤングユー)ハチミツとクローバー 7 (クイーンズコミックス―ヤングユー)
読了日:08月14日 著者:羽海野 チカ
ハチミツとクローバー 8 (クイーンズコミックス―ヤングユー)ハチミツとクローバー 8 (クイーンズコミックス―ヤングユー)
読了日:08月14日 著者:羽海野 チカ
ハチミツとクローバー 9 (クイーンズコミックス―コーラス)ハチミツとクローバー 9 (クイーンズコミックス―コーラス)
読了日:08月14日 著者:羽海野 チカ
ハチミツとクローバー 10 (クイーンズコミックス―コーラス)ハチミツとクローバー 10 (クイーンズコミックス―コーラス)
読了日:08月14日 著者:羽海野 チカ
3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
読了日:08月14日 著者:羽海野チカ
キング&クイーン (100周年書き下ろし)キング&クイーン (100周年書き下ろし)
ちょいちょいと911を挟んでくるから何だろうなと思ったら、そういうオチかー。結末が無理矢理な感じは否めなかったにせよ、登場人物が魅力的で、楽しかった。SP側のストーリーをぜひ期待したいです。ジョーカーゲームの柳さんなら、そっちの方がもっとイキイキとした物語を書いてくれそうな気がします。
読了日:08月15日 著者:柳 広司
休日のお昼は、手づくりパンで休日のお昼は、手づくりパンで
藤田さんの本は一冊所有指定していて、これはその原型かな。粉の量が一定なので、捏ねやすいです。休日の夜にピザを焼きました。このレシピはシンプルだけど、間違いない美味しさでした。
読了日:08月16日 著者:藤田 千秋
オイアウエ漂流記オイアウエ漂流記
このぶ厚さ、さぞ単調な話なんだろうと殆ど期待していなかった(超失礼)のに、あら、面白かったじゃないの。所々挟まれる現代の便利な生活に対する皮肉にはっとなる。早織さんは無事出産できたのかな。そこまでレポートしてほしかった。あ、続編として『貴方がいたから生き抜けた』が出るんでしょうかね。
読了日:08月17日 著者:荻原 浩
わたしのキッチン・スタイル―いつもきれい 収納&整理・掃除のコツわたしのキッチン・スタイル―いつもきれい 収納&整理・掃除のコツ
時折ご自身のブランドの話が挟まれるともんにょりした気持ちにならないではないが、仰る事はごもっとも。全部真似するのは到底無理なので、エッセンスだけ心に留めておきたい。「拭きあげる」「磨き上げる」っていい言葉だなあとおもう。
読了日:08月17日 著者:有元 葉子
学園のパーシモン学園のパーシモン
読了日:08月18日 著者:井上 荒野
晩ごはんダイエット―確実に痩せてリバウンドしない (幻冬舎文庫)晩ごはんダイエット―確実に痩せてリバウンドしない (幻冬舎文庫)
読了日:08月18日 著者:美波 紀子
さよならドビュッシーさよならドビュッシー
第8回このミス大賞受賞作とは知らず、音楽家を目指す少女の話だと思って読んでいた。第2章の辺りからあれー?と思い、探偵が登場した頃に漸くこれってミステリー、と気づいた次第。芸術家の話が好きなので、音楽に関する力強い描写はとても興味深かった。オチに触れてしまうかもしれないけど感じてしまったので書くと、タイトルは「バイバイドビュッシー」の方がらしくて良かったように思う。
読了日:08月19日 著者:中山 七里
星守る犬星守る犬
読了日:08月19日 著者:村上 たかし
続・星守る犬続・星守る犬
読了日:08月19日 著者:村上 たかし
失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:08月19日 著者:水城 せとな
失恋ショコラティエ 2 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 2 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:08月19日 著者:水城 せとな
失恋ショコラティエ 3 (フラワーコミックス)失恋ショコラティエ 3 (フラワーコミックス)
読了日:08月19日 著者:水城 せとな
とろける鉄工所(2) (イブニングKC)とろける鉄工所(2) (イブニングKC)
読了日:08月19日 著者:野村 宗弘
とろける鉄工所(3) (イブニングKC)とろける鉄工所(3) (イブニングKC)
読了日:08月19日 著者:野村 宗弘
とろける鉄工所(4) (イブニングKC)とろける鉄工所(4) (イブニングKC)
読了日:08月19日 著者:野村 宗弘
とろける鉄工所(5) (イブニングKC)とろける鉄工所(5) (イブニングKC)
読了日:08月19日 著者:野村 宗弘
とろける鉄工所(6) (イブニングKC)とろける鉄工所(6) (イブニングKC)
読了日:08月19日 著者:野村 宗弘
Paradise kiss (1) (Feelコミックス)Paradise kiss (1) (Feelコミックス)
読了日:08月19日 著者:矢沢 あい
Paradise kiss (2) (Feelコミックス)Paradise kiss (2) (Feelコミックス)
読了日:08月19日 著者:矢沢 あい
Paradise kiss (3) (Feelコミックス)Paradise kiss (3) (Feelコミックス)
読了日:08月19日 著者:矢沢 あい
Paradise kiss (4) (Feelコミックス)Paradise kiss (4) (Feelコミックス)
読了日:08月19日 著者:矢沢 あい
Paradise kiss (5) (Feelコミックス)Paradise kiss (5) (Feelコミックス)
読了日:08月19日 著者:矢沢 あい
ぽっかぽか 19 (YOUコミックス)ぽっかぽか 19 (YOUコミックス)
「極力笑顔でおさんどん!」笑顔でいることの大切さをまた教わった。
読了日:08月19日 著者:深見 じゅん
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
あをによしのかほりがする。嬉しい。マドレーヌ夫人、いいやつ。ちょっと涙ぐんでしもた。
読了日:08月21日 著者:万城目 学
ぼくは落ち着きがないぼくは落ち着きがない
読了日:08月23日 著者:長嶋 有
片耳うさぎ片耳うさぎ
読了日:08月24日 著者:大崎 梢
新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
読了日:08月25日 著者:森見 登美彦
ぽっかぽか 12 (YOU漫画文庫)ぽっかぽか 12 (YOU漫画文庫)
読了日:08月26日 著者:深見 じゅん
貴婦人Aの蘇生貴婦人Aの蘇生
読了日:08月26日 著者:小川 洋子
小説家という職業 (集英社新書)小説家という職業 (集英社新書)
断ってある通りこれは決して小説の書き方本ではなく、小説家としての生き方本だった。出版業界の将来を考える人必読ではなかろうか。海堂尊さんが同じテーマで書いたとしたら、きっと似たようなことを書くんだろうと思う。
読了日:08月28日 著者:森 博嗣
もったいない話ですもったいない話です
読了日:08月28日 著者:赤瀬川 原平
野球の国野球の国
奥田さんの文章、好きです。リズムが合う。ぶつぶつ関係ないことが挟まれるのに気がそがれそうになるところ、面白いのでいちいち吹き出してしまう。そして何と言ってもオシャレ。結婚する必要などないんとちゃいますか。
読了日:08月31日 著者:奥田 英朗


読書メーター