はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

炊いた米が美味ければ、すべてよし。


買ったものを自慢するコーナーその1。(え、その1?)(うん、たぶんその1)
しっかりとした、長く使えるお鍋、ずっと欲しいなあと思ってました。ルクとか、ストウブとか有名なやつ、持っているだけで料理がうまくなった様な気がするん。それがきっかけなんですが。
ああいう琺瑯?鋳物って言うんですか、は例外なく重いですよね。一度持てばきっと一生大切に使うものだと思うのだけど、あの重量がネックで。母(料理大好き、もうすぐ還暦)が、「ああいうお鍋欲しいんだけど、この齢になるとあんな重いもの持つのしんどい」って言っていたのも気になって。今後自分も衰えていくのは明白だし、と踏み切られずにいました。決して買えない値段じゃないのよ、というのはちょっと強がり。
街を歩いていて、偶然通りかかったお店で見かけたこのお鍋。

無水鍋 24cm (水を加えずに調理できる無水調理鍋)

無水鍋 24cm (水を加えずに調理できる無水調理鍋)

まず、色が素朴で目に付きました。ロゴとかいらん装飾も付いていなくて、つるりとした形は手入れしやすそう。持ってみると、とても軽い。蓋もフライパンとして使えるという。無水調理はもちろん、煮る・蒸す・焼く・揚げる・オーブンの代わりにもなる。手入れをしたら親子二代でも使えると。作っている会社は広島*1!これがとってもとっても嬉しくて。買いました。値段、ルクの半分くらいか?さらにセールで、お財布にも優しい。もうこの時点で勝ちを確信したね(何のだ)。

早速届きましたので、手始めにお米を炊きました。つやっっっつやで、おやつなのに、ついつい二膳いってもうたよね、ぺろり。合格!もう、我が家のおんぼろ炊飯器は炊飯以外の用途に使うことにする。今でも滅多に使わないけど。処分しようかな。火を使う調理が、私は好きだ。スーパー節電のご時勢だから、いっぱい使えそうと期待しています。オーブンレンジ代わりに、使い倒す所存です。
有元葉子の無水鍋料理

有元葉子の無水鍋料理

世界一やさしいパン作りの本―粉をこねずにパンが焼ける!

世界一やさしいパン作りの本―粉をこねずにパンが焼ける!

このお鍋、ホームベーカリー業界ではよく取り上げられていると聞いた。おお、また、捏ねたい熱が、あが、るのかい?