はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

11-10今日のごはん

すでに「昨日のごはん」でもなくなりつつある件……。
魚のアラ、安くて美味しいのでよく買うのですが、ほぼ「あら煮」と呼ばれる濃いーい味付けの料理にして食べています。(お澄ましに挑戦したことあるけど、超生臭く出来上がってしまいトラウマ。)このあら煮、「あら炊き」と言うたりします。ふと、「煮る」と「炊く」って違うのか?疑問に思いました。広辞苑第5版第4版*1には

  • 炊く⇒焚く:食物を煮る。かしぐ。
  • 煮る:(主として食品に)水などを加え、火にかけて熱を通す。

とあります。確かに食品以外も煮ることあるあるー(煮洗いとか)。で、「かしぐ」って何?

  • かしぐ(炊ぐ・爨ぐ):米・麦などを煮または蒸して飯とする。めしを炊く。

だそうです。新しい言葉を覚えたぞ。
そうだ、ここは新解さん(第3版)にも聞いてみよう。

  • 炊く:
    1. 水に漬けた米に火を通して飯をつくる。
    2. [方]煮る。
  • 煮る:液体の中へ入れ、熱を通して・やわらかく(どろどろに)する。[狭義では、食べられるように味をつけるまでを指す]

炊くは煮るに含まれて、さらに方言であるらしい。数学の記号で表すと……ぐー。
たまに辞書を引くとぐるぐるエンドレスに楽しめるね。

2010-11-10で、炊いたん。

  • 鯛のアラとごぼうと大根を熱を通してやわらかくどろどろにして味をつけたもの(長っ
  • 干ししいたけと白菜の春雨熱を通し(略 =煮*2
  • ブロッコリーと鶏肉のポン酢和え

確かに今回のはどろどろに、骨までバラバラになったので、間違ってはいないのである。 

*1:2010-11-15訂正。最低なミステイクすみません。

*2:干ししいたけと白菜の春雨煮レシピ 料理レシピ/ボブとアンジー 干ししいたけと白菜の春雨煮レシピ 料理レシピ/ボブとアンジー