読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

自分的保養所。


フォトショでちまちまこの色を出すための調整を延々やっていたのは内緒デス。一日中遊んでられる。
義母に誘われて、アサヒビール大山崎荘美術館*1に行ってまいりました。ハイクにも書いたとおり「山崎駅で待ち合わせ」と言われ、脳が勝手に「山崎→ウイスキー→サントリー!→サントリー美術館」と変換してしまっておりました……。第一サントリー美術館は東京だし。天保山にあるのはサントリーミュージアムだし(あれっどう違うの?)。山崎は天王山じゃ!ああ、情けなや。最近こんな思い込みが多くて、後厄であることをひしひしと感じるものであります。


さて情けない脱線から元に戻りまして。またお恥ずかしい話ですが、こんなステキな場所が自宅からそう遠くない場所にあるとは、義母に誘われるまで全く知りませんでした。(アンテナ低くてダメねーもう。)春に足立美術館*2へ行ったときにも同じことを思ったのだけど、どの風景もずっと眺めていたい、そんな佇まいです。ちょうどいろんな木々が色づきはじめていて、そのグラデーションまで計算されているの?と思う美しさ。建物の新・休館の調和も見事です。収蔵作品のすばらしさは言うまでもなく。
近郊にお住まいで行ったことのない方、京都に遊びに来る予定のある方、一度足を運ばれることをお勧めします。駅から歩いていかれますが、かなりの急斜面を登るので、とても良い運動になります。私もまた、次に行くならぜひ桜の頃、あの見事な枝垂桜が咲く様子を見に行きたい。