はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

2010-09に読んだ本

涼しくなってきて、そろそろ今年の一冊何だったかな、と思い返しはじめています。んー、今のところあれと、それかな?今年の読書記録、相当ハイペース(暇なのよ)。→id:kumagoro_morino:20100001:1263023005
今月は29冊、だけどマンガ多し。

9月の読書メーター
読んだ本の数:29冊
読んだページ数:7627ページ

イナイ×イナイ (講談社ノベルス)イナイ×イナイ (講談社ノベルス)
タイトル、椙田のかくれんぼの意味ですよね?(違)どう繋がるのかなあ。繋がらないのかなあ。
読了日:09月01日 著者:森 博嗣
みみっく(2) (Be・Loveコミックス)みみっく(2) (Be・Loveコミックス)
読了日:09月01日 著者:深見 じゅん
くじけないでくじけないで
義母に差し上げるために買ったけど、自分の手元に置いておきたいと思った。いいな、自分を「キラキラしてる」と表現できるって。眩しい。どんどん作品を発表してください。
読了日:09月02日 著者:柴田 トヨ
名探偵コナン 69 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 69 (少年サンデーコミックス)
読了日:09月05日 著者:青山 剛昌
Do Da Dancin'! 7 ヴェネチア国際編 (オフィスユーコミックス)Do Da Dancin'! 7 ヴェネチア国際編 (オフィスユーコミックス)
読了日:09月05日 著者:槇村 さとる
富士日記 (上)富士日記 (上)
文化人類学的に価値のある資料だよな、と思いつつ。記録しなければそのまま誰の記憶に残るようなこともない取り止めのない出来事も、積み重ねれば歴史になる。自分も拙いながらも文章を書いているので、拙いながらも続けようと思った。
読了日:09月05日 著者:武田 百合子
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
因果応報、終章でソコに繋がるか!という驚き、というか脱力感、と言うか。湊さんの作品を読むのは二作目だけど、ずっとこの(主人公が交互に語る)スタイルなんかな……ちょっと疲れる。由紀のほうに共感できてしまったからぐいっと一気に読めたけど、正直きついです。
読了日:09月05日 著者:湊 かなえ
<とんぼの本>向田邦子 暮しの愉しみ<とんぼの本>向田邦子 暮しの愉しみ
昔、『お酒が呑めるようになったら絶対「ままや」に行く!』と思っていたことを思い出した。どれもこれも美味しそう。レシピ本として手元においておきたい一冊。
読了日:09月06日 著者:向田 邦子,向田 和子
星間商事株式会社社史編纂室星間商事株式会社社史編纂室
他のエッセイ等を拝見する限りこれはかなりご自身の体験談も含まれていると思う!いやー、笑った。図書館の本なんで表紙を見られないけど、デザイナー氏のデザインが再現されてたらいいのに、と思う。みっこちゃん天晴!
読了日:09月07日 著者:三浦 しをん
秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
小山内さんは小鳩くんと甘いものを食べているときが一番幸せそうよー。なんか勝手に彼氏・彼女作っちゃって心配しちゃったけど!やっぱりベストカポーだと思うわ。二人の中学時代の話は次作にて、かな。楽しみです。
読了日:09月08日 著者:米澤 穂信
秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
読了日:09月08日 著者:米澤 穂信
インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
これが引き込まれずにおられようか。はっと気づいたらいつのまにか終盤に差し掛かってて終わってしまった。作中引用されている作品と「メモランダム」とを比較して「あーっ」ってやりたい。ところで解説を読むまで「INしてみる」だと思ってました。違ったのね。滅多に思わないんだけど、これは映像化が少し楽しみです。
読了日:09月09日 著者:米澤 穂信
向田邦子の青春―写真とエッセイで綴る姉の素顔向田邦子の青春―写真とエッセイで綴る姉の素顔
彼女から発せられる言葉を見ても、写真を見ても、ちっとも色あせて思えない。ほんものを見抜く力と頭の回転の速さ、好奇心の強さ。何度も色んなところに書きまくってるけど、永遠の憧れです。
読了日:09月09日 著者:向田 和子
無理無理
戦後復興の時期と今と、一体何が違うんだろう、っていうことをぼんやり考えながら読んでた。明るさとか希望とか、現代は情報に振り回されすぎて、人も感情をコントロール不能すぎて、要は救いがないんよね。エンディングまで救いがなかった。奥田さんなので一気に読めたけど、無理。
読了日:09月12日 著者:奥田 英朗
あなたの呼吸が止まるまであなたの呼吸が止まるまで
島本さんの作品は短編を読んだことがあるけど、長編を読むのは初めて。テーマはともかく、なんと美しい文章をつづる人かと思いました。小学6年生の子どもでも大人でもない朔のとまどいが良く伝わってきました。タイトルに何か言葉を続けるとしたら、私なら「覚えている」だなと思う。
読了日:09月12日 著者:島本 理生
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
番外地を読むに当たり、再読。
読了日:09月13日 著者:三浦 しをん
まほろ駅前番外地まほろ駅前番外地
まほろ市民目線で語られる、多田と行天の人物像。いいね、よりこの二人から目が離せないよ。映像化準備かなと思わないでもないが。曾根田のばあちゃんはいつまでも長生きして、この二人を見守ってほしいなあ。
読了日:09月15日 著者:三浦 しをん
ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。
某手帳販売所にて立ち読み。表紙かわいいなあ。やっぱり2011年はminaにすべきかなあと思った。みんな楽しそうで手帳が好きー!ってのが存分に伝わってきて良い。
読了日:09月15日 著者:
枕草子REMIX枕草子REMIX
超意訳がおもしろかった。オンナの習性って千年経っても変わってないし、これから千年後もきっと同じなんだろうなあ。面白かったしいずれ原文で読んでみたいという気になったけど、酒井さんの文章って毒気が強すぎて、時々笑えないです。
読了日:09月17日 著者:酒井 順子
毎月新聞毎月新聞
ピタゴラスイッチが出来るまで、といった感じかしら。佐藤さんのものを見て感じる力とそれを表現する力が羨ましくてなりません。
読了日:09月20日 著者:佐藤 雅彦
きんぴかきんぴか
読了日:09月23日 著者:浅田 次郎
Q&AQ&A
こえーーー!夜中一人でお風呂の中で読んでたから震えてしまって、トイレ行けなくなりそうだった(笑)事件(事故?)の核心にいつまでたっても迫っていかないので初めはイライラしながら、でもいつの間にか引き込まれ。
読了日:09月24日 著者:恩田 陸
スタバトマーテルスタバトマーテル
目に見えない敵がいる恐ろしさ。戦慄しました。りり子のたくましさがちょっとだけ羨ましかった。また新たな母から、歴史は繰り返す、ということがないように祈ります。
読了日:09月25日 著者:近藤 史恵
恋するために生まれた恋するために生まれた
二人が恋文をやり取りしているみたいで、ちょっと照れてしまった。良い言葉がいっぱい詰まっています。人生を石に例えるって言う発想、いいな。全てを線(ライン)として捉える辻さんと、点(ポイント)の集合として捉える江国さんの違いが、そのまま男女の恋と愛に対する違いなのかなと思えて興味深かったです。
読了日:09月25日 著者:江國 香織,辻 仁成
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
読了日:09月25日 著者:加納 朋子
恋愛小説恋愛小説
お酒にまつわる話、だったんや!(鈍)印象に残ったのはアーティチョークでした。
読了日:09月26日 著者:川上 弘美,篠田 節子,よしもとばなな 他
ドロップスドロップス
タイトルの意味がピンと来ない。あ、あれか、芽衣と友達のやり取りのあれか。そんな伏線になってたかしら……ちょっと、分かりませんでした。
読了日:09月28日 著者:永井 するみ
新解さんの読み方 (角川文庫)新解さんの読み方 (角川文庫)
新解さんの謎」を読みたくなったでござる。「わたし」が前に出すぎてて、ちょっとうるさい感じ。
読了日:09月29日 著者:夏石 鈴子
ガラスの仮面 45 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 45 (花とゆめCOMICS)
そこまで亜弓さんに試練を与えなきゃ、マヤは勝てないんですか……?まっ、「ヘレン・ケラー」修行再び、なところを存分に楽しませていただきました。
読了日:09月30日 著者:美内 すずえ

読書メーター