はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

2010-05に読んだ本

今月はマンガをいっぱい読んだ!感じがする。私マンガも大好きでもっと読みたいと思うのだけど、こんだけ図書館生活が染み付いたら、「これ!」と決めた以外は買うのがばかばかしく思えてしまう、ザ・庶民。ついに「これ!」と決めた作品も図書館で借りてしまった、ザ・ドケチ!であります。5月は多めの38冊ー。*1

5月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:9945ページ

SOSの猿SOSの猿
読了日:05月01日 著者:伊坂 幸太郎
寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁 (光文社文庫)寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁 (光文社文庫)
どんでん返しあるの!?っていう最後の章のドキドキがたまらんかったです。携帯電話やネットが発達してしまった今ではありえない設定なのでしょうけど、全く色あせてないところがすごい。
読了日:05月03日 著者:島田 荘司
四季 秋 (講談社ノベルス)四季 秋 (講談社ノベルス)
読了日:05月03日 著者:森 博嗣
四季・冬 (講談社ノベルス)四季・冬 (講談社ノベルス)
秋〜冬を一気に読みました。このシリーズは、特に「冬」は、どことなくいい訳ちっくな香りがするなあ。
読了日:05月03日 著者:森 博嗣
徹子さんの美になる言葉 その後のトットちゃん徹子さんの美になる言葉 その後のトットちゃん
私が好感を持てる人の共通点は「読書量がハンパじゃない」ということ。つまり何事にも(特に人に)興味を示す、好奇心の塊みたいな人が好きなんだと改めて認識した一冊。
読了日:05月03日 著者:黒柳 徹子
ツバメ記念日―季節風 春ツバメ記念日―季節風 春
シチュエーションとして泣かずにおられるか、というものばかりで、正直おなかイッパイであります。
読了日:05月04日 著者:重松 清
今、何してる?今、何してる?
読みたい本「センセイの鞄」。私なんかよりずっと多くの作品に触れているだろう著者のエッセイに、自分の知ってる作品が出てくるだけで嬉しくなってしまいますね。
読了日:05月04日 著者:角田 光代
阿川佐和子のアハハのハ―この人に会いたい 2 (文春文庫―この人に会いたい)阿川佐和子のアハハのハ―この人に会いたい 2 (文春文庫―この人に会いたい)
阿川さんはどんな人と対談してもブレないですねー。連載で読んでいても安心して読めるだろうし、こうして一冊にまとまってもおもしろいし。
読了日:05月05日 著者:阿川 佐和子
向田邦子の恋文向田邦子の恋文
中学生の頃、向田さんの作品にどっぷり嵌りました。当時内容なんて100%理解できていたとは到底思えないけど、圧倒的に好きでした。彼女の人生にまさかこんなドラマが隠されていたなんて。テレビドラマでその事実を拝見したときに吃驚した記憶が蘇り。また作品に新たな気持ちで触れたくなった。
読了日:05月05日 著者:向田 和子
のぼうの城のぼうの城
のぼう様……(惚)!どこまで事実なのかは藪の中ですが、「石田堤」だけが現存するなんて「小説より奇なり」な運命ですな。とても面白くてあっというまに引き込まれました。地元だったらさぞ楽しいんでしょうね。我が地元の殿のことも書いてくれないかな、和田さん。
読了日:05月07日 著者:和田 竜
ああ、腹立つ (新潮文庫)ああ、腹立つ (新潮文庫)
みんな、怒りのポイントが似てるようで違うので思わず笑ってしまった。この本の著者は阿川さんということになってますが、それに対しては誰も怒らないの?(笑)
読了日:05月07日 著者:阿川 佐和子
Φは壊れたね (講談社ノベルス)Φは壊れたね (講談社ノベルス)
加部谷さんて、SMシリーズのどこかの作品(イリュージョンの話だったような)で出てきた女の子、かな?記憶が曖昧だけど。
読了日:05月09日 著者:森 博嗣
宵山万華鏡宵山万華鏡
山田川さんのくだりはつながらんよなーとぼんやり最後まで思ってました。や、一応繋がったんすけども、「姉妹」と「万華鏡」だけはリアルな気がして。もう一回読んだら解けますかね。
読了日:05月09日 著者:森見 登美彦
こうふく あかのこうふく あかの
「みどり」を読んでから感想書こうかと思ったんですけど、あ、別の話なんすね……。あかってそういうことなのね、ふーん、という感じでした。それで良いのかやすおさんよ。しっかりしーやーと言ってあげたい。
読了日:05月09日 著者:西 加奈子
伝言レシピ (クウネルの本)伝言レシピ (クウネルの本)
普段づかいというよりは、丁寧に作って食べたいときに紐解きたい感じです。
読了日:05月10日 著者:高橋 みどり
いらつく二人いらつく二人
清水さん頭いいなあー!こんな会話が放送されていて、しかも(なんとなく)まとまっているのがすごい。
読了日:05月11日 著者:三谷幸喜 清水ミチコ
御手洗パロディ・サイト事件〈上〉 (SSKノベルス)御手洗パロディ・サイト事件〈上〉 (SSKノベルス)
ううう全然進まなかったーー!はっきり言って、キツカッタ(笑)全作品を読んでから、出直します。下巻は当面凍結。
読了日:05月12日 著者:島田 荘司
ズッコケ中年三人組age44ズッコケ中年三人組age44
ツチノコ騒動。前作よりずーっとあの頃を髣髴とさせる雰囲気でよかった。事件が起きて、ヤバイ雰囲気……けどなんとなく解決、しなかったよ今回は(笑)続きプリーズ。
読了日:05月13日 著者:那須 正幹
赤い指赤い指
このシリーズ、遠い昔に「卒業」を読んで以来2作目。随分ともったいない読書の仕方。ドラマを見ている最中に読むべきではなかったと思いました。純粋にいろんなことを感じたかった。
読了日:05月13日 著者:東野 圭吾
ふちなしのかがみふちなしのかがみ
この本の中で一番好きだったのがあとがきです。読書にのめりこむ後ろめたさ、それをよしとする作者の姿勢にますます好きになりました。「おとうさん、したいがあるよ」はちっとも読み取れなかったのだけど、2度3度読み返すうちにそのひらがなに込められたものに気づけたらと思います。
読了日:05月15日 著者:辻村 深月
しずくしずく
短編はすごくいいですね、西さん。リアルなオンナゴコロ(猫の気持ち)が良かったです。
読了日:05月16日 著者:西 加奈子
食べる女食べる女
読んでるだけでおなかイッパイ。
読了日:05月16日 著者:荻野 アンナ
初恋ソムリエ初恋ソムリエ
唐突に感情を爆発させるキャラクターたち、今の若者(という言葉は大嫌いだが)の傾向なのかしら。時々流れについていかれないところもありつつ、つい続きが知りたくて読まされてしまったという感じです。1年生のときはわっしょい!勢いでいけたけど、先輩になって少し大人びたかな?彼女たちの成長ぶりも合わせて続きが気になります。
読了日:05月17日 著者:初野 晴
斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)
いつになったら探偵が登場するのー!というイライラMAXな状態で登場し、淡々と謎を解いていく御手洗。惚れてまうやろー!トリック自体ははぁ、そうなの?と若干拍子抜けしてしまうようなことなんだけど、途中で投げ出したくなることもなく一気に読まされた。しかし、道警の捜査のテンポには苦笑せずにはおれんかったです。
読了日:05月18日 著者:島田 荘司
異邦の騎士―名探偵・御手洗潔最初の事件異邦の騎士―名探偵・御手洗潔最初の事件
石岡君との出会いの巻。
読了日:05月20日 著者:島田 荘司
家族の言い訳家族の言い訳
読了日:05月20日 著者:森 浩美
出雲伝説7/8の殺人 (カッパ・ノベルス)出雲伝説7/8の殺人 (カッパ・ノベルス)
ちょうど境港・米子・安来のあたりを旅行したところだったので、馴染みもあった分よけいにおもしろかったです。
読了日:05月23日 著者:島田 荘司
ぽっかぽか 11 (YOU漫画文庫)ぽっかぽか 11 (YOU漫画文庫)
あー、前のコミックとおんなじだった……。でもいい話は何度読んでもいい話。
読了日:05月23日 著者:深見 じゅん
名探偵コナン 68 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 68 (少年サンデーコミックス)
この巻は特に恋愛マンガみたいだったね。毎度思うけど、そろそろ本筋を進めて欲しいのです。
読了日:05月23日 著者:青山 剛昌
体脂肪だけを減らすやせ方―無理しない生活改善ダイエット (小学館・実用新書)体脂肪だけを減らすやせ方―無理しない生活改善ダイエット (小学館・実用新書)
耳が痛い、けど思い当たることばかり。実践します……!
読了日:05月23日 著者:岡部 正
御手洗潔(みたらいきよし)の挨拶御手洗潔(みたらいきよし)の挨拶
コーヒー封印事件の巻。こういう優しさが、妄想家のアレを刺激するんで困ります。
読了日:05月24日 著者:島田 荘司
みみっく(1) (Be・Loveコミックス)みみっく(1) (Be・Loveコミックス)
う、うーん。嫌いじゃないけど、正直なところ今までの作品の焼き直しにも見える。
読了日:05月25日 著者:深見 じゅん
御手洗潔のダンス御手洗潔のダンス
この作品の辺でこのシリーズを読み進めるか否か、分かれそうな気がした。私は途中小難しくなっちゃうとすいぃーっと読み飛ばしてしまうのだけど、何か憎めなくてつい読んでしまう派。あと文庫になってるのはどうか分からんけど、年号の書き方を西暦か和暦か、統一して欲しいです。何か意味あるのかな……。
読了日:05月26日 著者:島田 荘司
切り裂きジャック・百年の孤独 (集英社文庫)切り裂きジャック・百年の孤独 (集英社文庫)
島田さん、ホームズ嫌いなの?とまたしても思ってしまった。胡散臭い探偵クイーン・ミステリ。御手洗シリーズの位置づけなんですよね……んー。いまいち納得がいかなかった一冊。
読了日:05月28日 著者:島田 荘司
告白告白
この本を「おもしろかった」と位置づけるには不謹慎すぎるだろうし、やはり疑問が残ります。第一章が気持ち悪すぎて、何度か手を止めたくらい。教師たるもの聖職者であれ、という思想はないものの、こんなエゴむき出しの教師は受け入れられん。その後するすると読んでしまったけど、中学生像にも「?」が飛ぶばかり。なんかなー。図書館で14ヶ月も待ちぼうけ食らった割には期待はずれだった。ミステリ、とはちょっと違う。
読了日:05月28日 著者:湊 かなえ
魔法の保存食―おいしく食べて、100%使いきるコツ 冷凍・冷蔵テクニック (Little Bear Books)魔法の保存食―おいしく食べて、100%使いきるコツ 冷凍・冷蔵テクニック (Little Bear Books)
これよかった。肉・魚・野菜・加工食品の選び方、冷蔵と冷凍の保存方法。そんな方法が?という目からウロコな内容満載。手元に一冊あっていいかも。
読了日:05月29日 著者:
ぽっかぽか 18 (YOUコミックス)ぽっかぽか 18 (YOUコミックス)
家族のあり方をいつも問いかけられてはっとする。特別なことなんて何もないのにね。
読了日:05月30日 著者:深見 じゅん
一瞬の風になれ 第一部  --イチニツイテ--一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
森さんのDIVE!よりはするすると感情移入ができる(笑)眩しいわあ。自分の高校時代ってこうやったっけ?一途で熱くてオバカで、なんかほっとする。
読了日:05月30日 著者:佐藤 多佳子

読書メーター

*1:id:kumagoro_morino:20100001:1263023005