はてなダイアリー  -ひまもてアーカイブス-

2016.1.6以前の記事はダイアリーのものです。

今日の一枚【夕焼けの、少し前】

20世紀少年を観た時の予告で知ったこの映画、パコと魔法の絵本。予告だけで実は泣いてしまったので、絶対みようと主張したけど、オットはべつに〜という反応だったため、レディースデイおひとり様映画鑑賞してまいりました。
たたみます。ただいま、目が腫れてマス。
ひとりで観にいってよかった。笑って泣いて、また笑って号泣。最後20分くらいはもう涙と鼻水が止まらなくって困りました。
パコがはじめて大貫を知っていると言うシーン、何度も出てくる「お誕生日おめでとう」のメッセージ、室町が自分の亡霊に追い詰められるシーン、あげればキリがないです。エンドロールの最後の最後まで、笑えて泣けました。
好きなキャラは、だんぜん浅野です。あの曇ったメガネでちゃんとみんなのことをみていて、とても控えめな、でも緑のタイツ穿いちゃうところ。思い出してまたうるっとくるわ。
完全なる大人向けのファンタジー映画です。映像は楽しいし子供に読んで聞かせたい絵本がテーマなんだけど、ストーリーは大人向けだとおもいます。
隣にお子様とお母さんという組み合わせの二人組が座ってらしたけど、親の方がいちいち声に出して解説しているのが耳に入って、ちょっとキツかった。せめてもう少し声を落としてくださったら。はぅ。
これから何度も観たいと思う映画の仲間入り決定です。